活動紹介
まちづくり支援
まちづくり専門家派遣
総合学習支援
イベント事業+展示協力
講師派遣実績
論文・コラム
自治体のFM導入事例
自治体のFM導入手法
自治体FM導入手法プレゼン
公共施設の有効利用
設計者に求められるLC設計
産業観光による地域振興
地域ブランドでまちおこし
商工会コミュニティビジネス
観光まちづくり事例
リバース・モーゲージの現状
群馬音楽センターを愛する会
都市計画屋のつぶやき
怪しい?街なか探検記
阿寒平太の世界雑記
世界をウォッチングする


連絡先
つげの会事務局
〒171-0014 東京都
豊島区池袋3-70-5

>
問い合わせアドレス


■12連載コラム 世界をウオッチングする



□寄稿に寄せて

 明治大学の学生時代、「時代が変わっても、そこにある事実や状況を正確に把握することが、すべての基本である」と教わり、徳永ゼミでは各地に出かけ、現地をよく観察して議論し、臨場感のある中で判断して将来の展望を見極めることをやっていた。

 人生の大部分を過ごしたUR時代やその後の職場でも、この基本が私の中で生き続けた。

 たまたま仕事で知り合った“NHKの報道の黎明期”を作られた方から「NHKもニュースの信頼性を勝ち取るため、現場をしっかり確認して報道した」というお話を伺い納得した。

 若いころは夢だった海外旅行が手軽に行けるようになって、直接現地に行き見聞したいという好奇心から、3連休があれば1日休みをもらい3泊5日(5日目の朝成田に着き、そのまま出勤)で中国やアジア方面、5月の連休や夏休みは、ヨーロッパや北南米などに出掛け気付くと、渡航回数87回、訪問国74か国になっていた。

 世界各地の現地で見たこと、聞いたこと、気づいたことなどを「世界をウオッチングする」としてシリーズで掲載したいと思う。


□作者略歴
 つげの会9期生、 1938年新潟県三条市生、1961年明治大学工学部建築学科卒業、同年日本住宅公団(現UR都市機構)入社、本社建築部長等を経て1995年住宅・都市整備公団(現UR都市機構) 関東支社長,
1997年(株)新都市ライフ、2007年(公財)アーバンハウジング勤務、現在日本都市計画家協会会員 東京都練馬区在住


1~20までのコラムはこちらコラム1~20

※以下、この項は新しい記事を上に掲載しています。※

───────────────────────────
□ 世界をウオッチングする26
船旅からコミュニティーを考える―クルーズ

 コロナ禍前までは大型船(10万トン級)でのクルージングで海外旅行を楽しむ人が多く見られた。それは夜間は動く大型船の中で都心のホテルライフに似た時間を楽しみ、寄港地に着くと用意されたバスで観光に出掛けるという楽で効率の良い旅行形態である。私はこれまで5方面のクルージングを計6回楽しんだ。

 船の大きさは全長約300m、全幅約36m,14~5階で乗客定員2~3000人程のものが多い。団地等の似た建物で想定頂くと船の巨大さがご理解頂けると思う。

 船内について、先ずキャビン(個室)は実に良く作られている。特に水回りについてはシャワー部分も含めゆとりを持たせつつコンパクトに設計されている。バルコニーも奥行のあるリビングバルコニーでくつろげる。キャビン以外で感心したのは船舶前方の傾斜部分を利用して1000人以上収容の劇場が作られていることである。又、船上の大海原を見ながらのプール(海水利用)やジャグジーも素晴らしい。

 船は嵐の時どうなるか。カリブ海クルーズで風速31メートル、波高11mの嵐にあったが横揺れ防止装置があり大きなゆれはなかったが初めて軽い船酔いを体験した。

 大型船はスモールタウンであるので、船内での行動は団地でのコミュニティ-づくりとよく似ている。乗船したら避難訓練を受けるがこれは団地での防災訓練に似ている。船内案内も入居案内と同じだし、毎日配られる船内新聞も掲示板・回覧板・タウン紙機能とそっくりである。人と人が知りあうきっかけは、団地の場合子供を介したり、自治会・管理組合やサークル活動を通してのことが多いが、船の場合は食事の時の同テーブルでの会話がきっかけとして多いように思われる。もちろん船内の各種催物での出会いも見逃せないが。

 コミュニティーの出来ていくかたちは船も団地も同じように思われたのである。





 【世界をウオッチングする26 おわり】
───────────────────────────
□ 世界をウオッチングする25
感動のゲート 小国としてとして生きのびる知恵―ペトラ(ヨルダン)

 URで団地設計をしていた頃、デザイン手法を勉強する参考都市としてのパリ(フランス)、エジンバラ(イギリス)、ドブロクニク(クロアチア)、ペトラ(ヨルダン)等でゲート、モニュメント、アイストップ、シンボルタワー、パテオ、広場等を勉強していた。

 ペトラ(紀元前100-200)ではゲートの感動性等について議論していたが、現地を訪ねその素晴らしさを確認することが出来た。ここはアクセスが容易でなく、バス、馬とつなぎ、最後は徒歩で両側70m以上の断崖絶壁の岩の裂け目(シーク)を30分程歩くハードな行程であった。しかしシークがきれると突然岩の隙間の向こうに明るい光を受けたバラ色のエル・カズネ(宝物殿)が現れ、疲れが吹き飛びその感動は生涯忘れられない程目に焼き付いた。建物は切り立った岩山の壁を削って造られた幅30m,高さ43mの石柱が印象的な2階建ての建築物で精巧な彫りには驚くばかりであった。

 更に奥に行ってみると、マチュピチュ(ペルー)と同じ今なお生きている治水システムや大劇場(4000人)、大神殿、大プールを持つ人口2~3万人の古代都市の遺跡が拡がっていた。この都市は100Km北にある死海でとれる歴青(防腐、防水剤)を利用しまわりのローマ帝国等大国と巧みに付き合っていたという。

 ペトラは1985年世界遺産に登録された。

 感動的なまちづくりが出来る国は賢く生き延びていく力も持っていたように思えた。





 【世界をウオッチングする25 おわり】
───────────────────────────
□ 世界をウオッチングする24
小さいナポレオンのベッドの謎―コルシカ島・アジャクシオ(フランス)

 南フランスのコートダジュールから200kmの地中海に浮かぶ広島県より少し小さいコルシカ島は、作家のモーパッサンが海に立つ山と呼ぶ荒々しい自然とコルシカ魂と言われる激しい気性を持った人々がこの島の性格をフランス本土から際立たせ復讐の島という神話を生んだ。今は辺境のリゾート地として人気が高い。

 この島の入江の美しい所に県庁所在地で古い街並みの残るアジャクシオがある。

 パリ南郊外のオルリー空港から国内線で1時間30分であった。

 この町は皇帝ナポレオンの生まれ育った地としても有名であり、以前から「小さいナポレオンのベッドの謎」に興味を持っていたことから旧市街にある生家に行ってみた。なるほどベッドの長さは1.5m位しかなく前から聞いていた通りであった。そしてとっさにやはりナポレオンは小さい人だと思った。ところがである、よくよく聞いてみると身長の小さいのは間違いで宗教上の理由(横に水平になると死を意味するという)と有事の際の対応の2点から、背もたれに寄りかかり寝るということでベッドが小さく出来ていることが分かった。

 現地を訪ね見て聞いて確認するという大切さを、ここでも教えられたのである。





 【世界をウオッチングする24 おわり】
───────────────────────────
□ 世界をウオッチングする23
まちづくりのヒントが一杯 ― ドブロヴニク(クロアチア)

 日本で、まちづくりについて都市の分かりやすさで「都市軸」、領域づくりで「城壁」が議論になったことがあり、URでも団地設計で勉強したことがあった。その際、具体例でパリやエジンバラの他ドブロヴニクもテーブルに上がっていた。現地を見たいと思っていた中、思いもよらずこれまで3回当地を訪ねる機会に恵まれた。

 ドブロヴニクはクロアチアの最南端部にあり、アドリア海の真珠と呼ばれ、15~16世紀にはベネチアと海洋都市として覇権を争っていたという。

 西側のピレ門から入ると長さ380mのプラツァー通り(都市軸)がある。正面にオルランドの柱があり、路地はこの通りから分岐していて分かりやすい。歴史的な建物も多くフランシスコ会修道院、ドミニコ会修道院、大聖堂等がある。

 周辺を囲む「城壁」は高さ25m一辺500m全長2kmでこの上を約30分で回ることが出来たが、そこからは内側にオレンジ色の瓦屋根群、外側に美しい海岸線と素晴らしい眺めが楽しめた。城壁には街の信条の「自由を売り渡してはならぬ。」の書込みが刻まれていた。

 これら旧市街の美しい全景はケーブルカーで登ったスルジ山頂からも見ることが出来た。世界遺産には1979年に登録されたが1991年内戦により一時危機遺産となった。しかし住民達の修復により1998年解除されることが出来たという。

 ここでは約千人の住民の生活を含むまちづくりのヒントを多く見ることが出来る。





 【世界をウオッチングする23 おわり】
───────────────────────────
□ 世界をウオッチングする22
都市設計の密度緩和手法を学んだスティプサント・タウン他―ニューヨーク(アメリカ)

 東京都練馬区光が丘の再開発が決まり、その立地から高密度開発にならざるを得ないということから類似のプロジェクトを幾つか学習することになり、都市計画史上有名なニューヨークのスティプサント・タウン(24.4ha,1943年生保会社が開発)とその近くのピーター・クーペ地区(1947年同開発者)を訪ねた。

 スティプサント・タウンは建設前後を通じ世論から手厳しく批判され、L・マンフォードもその一人であった。1946年の彼の論文によれば、人口密度が1000人/haと高すぎる、学校・道路・プレイスペースが不十分、無味乾燥な建物設計と醜悪な景観等の問題があったという。

 ここを訪れた時は完成後30年頃であったが、団地内部は清掃等管理が行き届き小綺麗であり樹木も大きくうっそうとしておりプレイスペースで活発に遊ぶ子らもいて周辺の古い住宅地に較べ別天地になっていた。ここで生まれ育った15才の子供から極めて満足しているとも聞いた。又、ピーター・クーペ地区で22年間住んでいるという中年の夫人は家の中まで見せてくれたが戸外の巨木と戸内の観葉植物で癒されているという。ただ、会話の中で日本では想像の出来ない人種問題を気にしている様子が垣間見られた。

 光が丘(住宅地82ha、550人/ha)の都市設計では高密度対策として、スティプサント・タウンやピーター・クーペ地区で学んだうっそうとした緑(巨木)とプレイスペース、それにフィラデルフィアソサイティヒル再開発地区で学んだ水(池、流れ)のデザインを導入したが最終入居から約40年の今、これらによる密度緩和手法は成功しているように思われる。





 【世界をウオッチングする22 おわり】
───────────────────────────
□ 世界をウオッチングする21
旧水道橋に団地設計のヒントを得る
―セゴビア(スペイン)

 URで団地建設用地の取得が困難な時代があり、買収出来ても高低差のある山地・丘陵地が多かった。このような土地は全面フラットの造成にすると周辺部にダムのような擁壁が出来たり、土砂を搬出する為のダンプ公害が発生するので、コストとのバランスを考えながらなるべく現状を変えない団地づくりを心掛けた。

 山地・丘陵地の開発のコンセプトを模索する中、スペイン・セゴビヤの旧水道橋の写真を見て何かヒントがないかと考えたのである。丹下健三が巨大な吊り橋をヒントに代々木の体育館を作ったようにである。

 旧水道橋は地形が起伏し変化がある中、自然に水が流れるよう延々とほぼ水平に造られている。丘陵地等の団地の設計でもなるべくアップダウンせず建物の中間階を出入り口にしたりして、人の動線をなるべく水平に保つ等構想でまとめた。更に別の丘陵地では地形をプラス思考でサンクガーデン(沈床型庭園)をつくりそれを取り囲む集会所づくりも行った。

 計画の可能性を確認するため実物をみようとスペインに出掛けた。旧水道橋(高さ30m、幅2.4m)はトラヤヌス帝時代(98~117年)に建造されて以来見事な保存状態で今日に至っていた。しかもかなり最近まで現役の機能を果たしていたという。

 スペイン全土におけるローマ時代の最も重要な遺産の一つであり、規模の大きさ、土木工学的な完璧さ、形態の美しさ等を特徴に地形の変化を克服した圧倒的な存在感ある世界遺産であった。

 時代のニーズを直視し立ち向かえば必ず解決案は出来るということを学んだのである。





 【世界をウオッチングする21 おわり】

───────────────────────────
1~20までのコラムはこちらコラム1~20

───────────────────────────
「世界をウオッチングする」by 井上 十三男  

Copyright(C)2021 ●●●NPOつげの会●●● All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch